非公開求人とは、その名の通り「一般的には公開されていない求人」のことです。
非公開求人には主に3つの特徴があります。

①保育業界では園長職などの役職が多い

非公開にする理由としては募集していることを広く公開したくない理由がある求人です。
特に既存園の園長職求人は、求人サイトなどに載せないことほとんどです。
その園に子ども通わせている保護者がネット上で見つけてしまい、「園長が変わるの?!」と不安に思ったり、クレームに繋がってしまうリスクがあるからです。
なかなか公にできない、デリケートな情報であるため、人材紹介サービスなどを利用して非公開で募集する場合が多いのです。

②募集が限られている求人

募集側が対象者を絞りたい場合は、求める経験やスキルを限定し、条件に合う人材だけを選考するために非公開で募集します。
保育業界では園長のほか、担当した子どもの年齢や保育内容など 「保育実務の経験」について具体的な条件指定がある場合に、非公開求人として募集されます。

③募集したての新着求人

募集を開始したばかりで、募集企業の採用ページや求人サイトにも情報が載っていないくらい新しい求人です。
急な欠員や好条件の求人は、掲載前に募集が締め切られることも少なくありません。

以上が非公開求人の特徴です。
非公開求人は基本的に、好条件のものが多いです。
そういった求人は公開前に決まってしまう傾向にあります。

満足の転職をした保育士さんのほとんどが非公開求人を得ています。
条件の良い非公開求人を逃さないためには、その情報を逐一ゲットしている必要があるので、必ず3つ以上の求人サイトに登録するようにしましょう。